So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

雇保法23-5-D [雇用保険法]

 

 

【 問 題 】

 

特例一時金の支給を受けた者であっても、当該特例受給資格に係る

離職の日の翌日から起算して6か月を経過していない場合には、

所定の要件を満たせば、常用就職支度手当を受給することができる。

 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法21-5-A [雇用保険法]

 

 

【 問 題 】

 

受給資格者が安定した職業に就いた日前3年以内の就職について

常用就職支度手当を受給したことがある場合であっても、所定の

要件を満たせば、再就職手当を受給することが可能である。

                 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法21-5-C [雇用保険法]

 

 

【 問 題 】

 

就業手当の額は、現に職業に就いている日について、基本手当の

日額に10分の4を乗じて得た額である。

                 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法24-6-D [雇用保険法]

 

 

【 問 題 】       

             

日雇労働求職者給付金のいわゆる特例給付は、原則として、4週間

に1回失業の認定を行った日に当該認定に係る日分が支給され、した

がって、この場合は、当該認定日に最大で24日分が支給されること

になる。

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法25-6-A [雇用保険法]

 

 

【 問 題 】       

             

日雇労働求職者給付金の支給を受けることができる者が公共

職業安定所の紹介する業務に就くことを拒んだときは、正当な

理由がある場合を除き、その拒んだ日から起算して1か月間に

限り、日雇労働求職者給付金を支給しない。

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法24-5-C [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】       

             

高年齢受給資格者は、 日雇労働求職者給付金の受給資格を取得

することはできない。

 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法20-3-E [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

特例一時金は、特例受給資格者が失業中に自己の労働により収入

を得た場合でも、そのために減額されることはない。

 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法21-4-E [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

特例受給資格者が失業の認定を受ける場合、認定日に管轄公共

職業安定所に出頭し、特例受給資格者失業認定申告書に特例受給

資格者証を添えて提出した上で、職業の紹介を求めなければなら

ない。

                

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法19-4-B [雇用保険法]

 

 

【 問 題 】

 

高年齢求職者給付金の受給期限は、原則として、基準日の翌日

から起算して1年を経過する日までであるが、その間に疾病又は

負傷のため引き続き30日以上職業に就くことができなかった場合

には、本人の申出により、その日数分が加算される。

    

       

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法19-4-E [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

高年齢求職者給付金の額の算定の基礎となる基本手当の日額の

算定に当たっては、離職時において30歳未満である基本手当の

受給資格者について定められた賃金日額の上限が適用される。

 

 

続きを読む


nice!(0) 
前の10件 | -