So-net無料ブログ作成
検索選択

国年法18-9-C[改題] [国民年金法]

 

【 問 題 】    

       

学生等の納付特例を受けた期間又は50歳未満の保険料納付猶予を

受けた期間は、老齢基礎年金及び寡婦年金の年金額の算定対象から

除外される。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

国年法21-9-D [国民年金法]

 

 

【 問 題 】    

       

国会議員であったために国民年金の適用を除外されていた昭和

36年4月1日から昭和55年3月31日までの期間は、合算対象

期間とされない。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法22-4-B [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

死亡一時金については、当該給付の支給事由となった事故について

受給権者が損害賠償を受けた場合であっても、その損害賠償額との

調整は行われない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法19-8-C [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

遺族基礎年金の受給権者が同一の支給事由に基づく他の遺族

基礎年金の受給権者の死亡に伴う当該遺族基礎年金の支払金の

金額の過誤払による返還金債権に係る債務の弁済をすべき者で

ある場合で、当該弁済をすべき者に支払うべき年金給付がある

ときは、当該年金給付の支払金の金額を当該過誤払による返還

金債権の金額に充当することができる。

                

 

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法19-3-C [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

65歳未満の繰上げ支給の老齢基礎年金の受給権者が、遣族厚生

年金の受給権を取得した場合には、その翌月から65歳に達する

までの間についても、繰上げにより減額された老齢基礎年金と

遺族厚生年金を併給することができる。

    

       

 

 

 

  

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法19-3-D[改題] [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

年金給付の受給権者が死亡した場合で、その死亡した者に支給

すべき年金給付でまだその者に支給しなかったものがあるとき、

自己の名で、その未支給年金の支給を請求することができる者は、

その者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹又はこれらの

者以外の3親等内の親族であって、当該受給権者の死亡当時その

者により生計を維持されていた者に限る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法22-4-D [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

船舶が行方不明になった際に現にその船舶に乗船し、行方不明

となった者の生死が分からない場合は、その船舶が行方不明と

なった日から3か月を経過した日にその者は死亡したものと推定

する。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法22-8-C [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

年金給付の支払い時に端数が生じたときは、50銭未満の端数が生じた

ときは、50銭未満の端数は切捨て、また、50銭以上1円未満の端数は

1円に切り上げられる。                 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

国年法22-2-B [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

厚生労働大臣は、国民年金制度に対する国民の理解を増進させ、

その信頼を向上させるため、厚生労働省令で定めるところにより、

被保険者及び受給権者に対し、被保険者の保険料納付の実績及び

将来の給付に関する必要な情報を分かりやすい形で通知するもの

とする。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法20-9-A [国民年金法]

 

 

【 問 題 】    

       

第2号被保険者が退職し第1号被保険者になったときは、当該

事実があった日から14日以内に、資格取得届を市町村長に提出

しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0)