So-net無料ブログ作成

労基法24-4-C [労働基準法]

 

 

【 問 題 】

 

労働基準法第7条は、労働者が労働時間中に、公民権を行使する

ために必要な時間を請求した場合には、使用者はこれを拒んでは

ならないとし、また、当該時間を有給扱いとすることを求めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労基法23-1-B [労働基準法]

 

 

【 問 題 】

 

何人も、他の法律の定め如何にかかわらず、業として他人の就業

に介入して利益を得てはならない。

                

 

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労基法12-1-C [労働基準法]

 

 

【 問 題 】

 

支給条件が就業規則であらかじめ明確にされた退職手当について、

当該就業規則において労働者が結婚のため退職する場合に女性には

男性に比べ2倍の退職手当を支給することが定められているときは、

その定めは労働基準法第4条に反し無効であり、行政官庁は使用者

にその変更を命ずることができる。

    

       

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労基法23-1-A [労働基準法]

 

 

【 問 題 】

 

労働基準法第3条は、法の下の平等を定めた日本国憲法第14条と

同じ事由で、人種、信条、性別、社会的身分又は門地を理由とした

労働条件の差別的取扱を禁止している。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労基法15-1-B [労働基準法]

 

 

【 問 題 】

 

労働基準法は、労働者及び使用者双方に対して、就業規則を遵守し、

誠実に各々その義務を履行しなければならない旨定めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労基法12-1-A [労働基準法]

 

 

【 問 題 】

 

労働基準法第1条は、この法律で定める労働条件の基準は最低のもの

であるから、労働関係の当事者はこの基準を理由として労働条件を低下

させてはならない旨定めるが、労働条件の低下が社会経済情勢の変動等

他に決定的な理由がある場合には、これに抵触するものではない。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法19-9-E [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】

 

保険料その他厚生年金保険法の規定による徴収金を徴収し、又は

その還付を受ける権利は、二年を経過したとき、時効によって消滅

する。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法22-4-C[改題] [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】    

       

厚生労働大臣による被保険者の資格、標準報酬または保険給付に

関する処分についての審査請求及び再審査請求は、時効の中断に

関しては、裁判上の請求とみなす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法21-10-A[改題] [厚生年金保険法]

 

【 問 題 】    

       

厚生労働大臣は、納付義務者が納付すべき保険料その他厚生年金

保険法の規定による徴収金を滞納した場合には、その者から延滞

金を徴収することができるが、当該延滞金に1,000円未満の端数

があるときは、その端数は切り捨てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

厚年法16-2-B[改題] [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】    

       

保険料の納付義務者である事業主が国税等の滞納処分を受けるとき

や強制執行、破産手続開始の決定を受けたとき、あるいは競売の

開始があったときなどは納期前であってもすべて徴収することが

できる。繰上げ徴収する場合には厚生労働大臣は当該事業主に対して

その旨を督促状によって通知しなければならない。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0)