So-net無料ブログ作成
厚生年金保険法 ブログトップ
前の10件 | -

厚年法19-9-E [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】

 

保険料その他厚生年金保険法の規定による徴収金を徴収し、又は

その還付を受ける権利は、二年を経過したとき、時効によって消滅

する。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法22-4-C[改題] [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】    

       

厚生労働大臣による被保険者の資格、標準報酬または保険給付に

関する処分についての審査請求及び再審査請求は、時効の中断に

関しては、裁判上の請求とみなす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法21-10-A[改題] [厚生年金保険法]

 

【 問 題 】    

       

厚生労働大臣は、納付義務者が納付すべき保険料その他厚生年金

保険法の規定による徴収金を滞納した場合には、その者から延滞

金を徴収することができるが、当該延滞金に1,000円未満の端数

があるときは、その端数は切り捨てる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

厚年法16-2-B[改題] [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】    

       

保険料の納付義務者である事業主が国税等の滞納処分を受けるとき

や強制執行、破産手続開始の決定を受けたとき、あるいは競売の

開始があったときなどは納期前であってもすべて徴収することが

できる。繰上げ徴収する場合には厚生労働大臣は当該事業主に対して

その旨を督促状によって通知しなければならない。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法22-3-D [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】

 

厚生年金保険の保険料は、納付義務者について、民事再生手続きが

開始したときは、納期前であっても、すべて徴収することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法22-3-C [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】

 

厚生年金保険の毎月の保険料は、当月末日までに、納付しなければ

ならない。

                

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法20-2-E [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】

 

平成20年4月30日に適用事業所に使用され、平成20年5月31

に当該適用事業所に使用されなくなった厚生年金保険の被保険者

70歳未満であり、退職後は国民年金の第1号被保険者となるもの

とする。)の保険料は、4月分と5月分の2か月分が徴収される。

    

       

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法16-2-C [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】

 

国庫は、基礎年金拠出金の2分の1に相当する費用のほか、昭和

36年4月1日前の期間に係る給付に対する費用として、第3種

被保険者に対する給付費は、5分の1について負担する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法22-6-B [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】

 

離婚時の分割請求により標準報酬が改定された第2号改定者に

ついて、当該改定を受けた標準賞与額は、当該第2号改定者が

その後60歳台前半の在職老齢年金の受給権者となった場合に

おいても、総報酬月額相当額の計算の対象とはならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

厚年法21-7-B [厚生年金保険法]

 

 

【 問 題 】

 

請求すべき按分割合は、原則として、第1号改定者及び第2号改定者

それぞれの対象期間標準報酬総額の合計額に対する第2号改定者の対象

期間標準報酬総額の割合を超え2分の1以下の範囲内で定められなけれ

ばならない。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 
前の10件 | - 厚生年金保険法 ブログトップ