So-net無料ブログ作成
検索選択
労働保険徴収法 ブログトップ
前の10件 | -

徴収法<雇保>23-10-D [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

事業主若しくは事業主であった者又は労働保険事務組合若しくは

労働保険事務組合であった団体は、労働保険徴収法又は労働保険

徴収法施行規則による書類を、その完結の日から5年間保存しな

ければならない。

                 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>16-10-C [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

行政庁は、徴収法の施行のため必要があると認めるときは、当該

職員に、保険関係が成立していた事業の事業主の事務所に立ち入り、

関係者に対して質問させ、又は徴収法及び同法施行規則の規定に

よる帳簿書類のみならずその他必要と認められるいっさいの帳簿

書類の検査をさせることができる。

 

                 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>23-10-A [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】    

       

労働保険徴収法第15条第3項の規定により概算保険料の額を決定

した場合に都道府県労働局歳入徴収官が行う通知には、時効中断の

効力はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>20-10-D[改題] [労働保険徴収法]

 

【 問 題 】    

       

労働保険事務組合は、報奨金の交付を受けようとするときは、10

15日までに所定の事項を記載した申請書を、その主たる事務所の

所在地を管轄する都道府県労働局長に提出しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>20-10-E [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】    

       

労働保険事務組合は、労働保険事務の処理の業務を廃止しようと

するときは、60日前までに、その旨の届書を、その主たる事務所

の所在地を管轄する都道府県労働局長に提出しなければならない。

  

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>19-8-B [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

事業主は、事業の期間が予定される事業(有期事業)については、

労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託することはできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>16-8-C [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

被保険者が一般保険料を負担するときには、事業主は、被保険者

に支払うべき賃金から一般保険料に相当する額を控除することが

できるが、賃金が週払いである場合において、事業主は、1回分

の支払賃金から1か月分に相当する被保険者負担保険料額をまと

めて控除することができる。

                

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<雇保>22-8-A [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

雇用保険の日雇労働被保険者は、印紙保険料の額の2分の1の額

を負担しなければならないが、当該日雇労働被保険者に係る一般

保険料を負担する必要はない。

    

       

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

徴収法<労災>19-10-D [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

労働保険料その他労働保険徴収法の規定による徴収金の先取

特権の順位は、国税の先取特権の順位に劣後するが、地方税

及び厚生年金保険の保険料その他厚生年金保険法の規定による

徴収金とは同順位である。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

徴収法<労災>20-8-D [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

事業主が労働保険料を所定の納期限までに納付せず、政府から

督促を受けた場合、督促状に指定された期限までに当該労働

保険料を完納したときは、所定の納期限の翌日から完納の日の

前日までの日数により計算された額の延滞金が徴収される。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 
前の10件 | - 労働保険徴収法 ブログトップ