So-net無料ブログ作成
雇用保険法 ブログトップ
前の10件 | -

徴収法<雇保>24-8-C [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

確定保険料の額から既に納付した概算保険料の額を控除した不足額

の納付については、口座振替による納付の対象とならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法20-7-D [雇用保険法]

 

 

【 問 題 】       

             

失業等給付の支給を受ける権利は、2年を経過したときは時効に

よって消滅するが、失業等給付の不正受給が行われたときに政府

がその返還を受ける権利は、会計法の規定に従って、5年間これ

を行わないときに、時効により消滅する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法24-7-B [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】       

             

労働政策審議会は、厚生労働大臣の諮問に応ずるだけでなく、必要

に応じ、雇用保険事業の運営に関して、関係行政庁に建議し、又は

その報告を求めることができる。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

雇保法24-7-C [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】       

             

雇用保険法第9条の規定による、労働者が被保険者でなくなった

ことの確認に関する処分が確定したときは、当該処分についての

不服を、当該処分に基づく失業等給付に関する処分についての

不服の理由とすることができない。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法23-7-E [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

雇用保険事業の事務の執行に要する経費については、国庫が、

毎年度、予算の範囲内において負担するものとされている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

雇保法20-6-E [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

都道府県が設置する職業能力開発校や職業能力開発短期大学校に

対する経費の補助は、能力開発事業の対象とならない。

                

 

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法23-6-B [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

被保険者の配偶者の祖父母は、当該被保険者が同居し、かつ、扶養

している場合であっても、介護休業給付の支給に関して対象家族に

含まれない。

    

      

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

雇保法23-6-A [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

被保険者の養育する子について、当該被保険者の配偶者が、その子

が1歳に達する日以前にその子を養育するために育児休業している

場合、当該被保険者は、一定の要件を満たせば、その子が1歳2か月

に達する日の前日までに自らが取得した育児休業について、育児休業

給付金の支給を受けることができるが、支給対象となる期間は、配偶

者との合計で1年が上限となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

雇保法23-6-D [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

事業主が雇用保険に関する届出等の手続を怠っていたため、雇用

保険法第22条第5項が定める特例によって、被保険者の確認が

あった日の2年前の日よりも前に被保険者となったものとされる

被保険者の場合であっても、育児休業給付及び介護休業給付の

受給要件であるみなし被保険者期間に関しては、被保険者の確認

があった日の2年前の日よりも前の期間は算入されない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

雇保法19-6-C [雇用保険法]

 

 

 

【 問 題 】

 

高年齢再就職給付金は、本来の計算方法によって算定した支給対象

月における支給額が、当該受給資格者に係る賃金日額の最低限度額の

100分の80に相当する額に達しない場合には、当該100分の80

相当する額が支給される。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 
前の10件 | - 雇用保険法 ブログトップ