So-net無料ブログ作成
労災保険法 ブログトップ
前の10件 | -

労災法20-7-C [労災保険法]

 

 

【 問 題 】

 

障害補償給付又は障害給付を受ける権利の時効は、当該傷病が

治って障害が残り、診断によって当該障害が確認された月の翌月

の初日から進行する。

                 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労災法22-7-D [労災保険法]

 

 

【 問 題 】    

       

特別支給金に関する決定は、保険給付に関する決定があった場合

に行われるものであり、当該特別支給金に関する決定に不服が

ある被災者や遺族は、労働者災害補償保険審査官に審査請求をする

ことができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

労災法20-4-A [労災保険法]

 

【 問 題 】    

       

特別加入者に係る業務災害及び通勤災害については、労働者災害

補償保険法施行規則に基づき厚生労働省労働基準局長が定める基準

によって、その認定が行われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労災法21-1-B [労災保険法]

 

 

【 問 題 】    

       

労働者以外の者であっても、特別加入を認められた者は、労災

保険法上は労働者とみなされ、通勤災害に係る保険給付を除く

すべての保険給付を受けることができる。

  

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

労災法14-7-A [労災保険法]

 

 

【 問 題 】

 

通勤災害により療養給付を受ける労働者は、500円を超えない

範囲内で厚生労働省令で定める額の一部負担金を徴収される。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労災法11-6-D [労災保険法]

 

 

【 問 題 】

 

事業主が故意又は重大な過失により業務災害を生じさせ、政府に

より、保険給付に要した費用に相当する金額の全部又は一部を徴収

されるのは、事業主が法令に規定された危害防止のための措置に

違反した場合に限られる。

                

 

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労災法22-2-B [労災保険法]

 

 

【 問 題 】

 

特別支給金は、すべて関連する保険給付と併せて支給されるもの

であり、その支給を受けるためには、必ず関連する保険給付の請求

と同時に別途当該特別支給金の支給の申請を行わなければならない。

    

       

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(1) 

労災法22-2-D [労災保険法]

 

 

【 問 題 】

 

特別支給金の支給は、社会復帰促進等事業として行われるもので

あるが、その事務は所轄労働基準監督署長が行う。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

労災法19-4-E [労災保険法]

 

 

【 問 題 】

 

二次健康診断等給付を受けようとする者は、所定の事項を記載

した請求書を、当該二次健康診断等給付を受けようとする労災

保険法第29条第1項の事業として設置された病院若しくは診療

所又は都道府県労働局長の指定する病院若しくは診療所を経由

して所轄都道府県労働局長に提出しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

労災法18-5-E [労災保険法]

 

 

【 問 題 】

 

葬祭料の額は、31万5千円に給付基礎日額の30日分を加えた額

(その額が給付基礎日額の60日分を超える場合には、給付基礎

日額の60日分)である。

                 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 
前の10件 | - 労災保険法 ブログトップ