So-net無料ブログ作成
労働安全衛生法 ブログトップ
前の10件 | -

安衛法16-8-C [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】

 

派遣中の労働者が派遣就業中に労働災害により死亡し、又は

休業した場合における労働安全衛生規則第97条の規定に基づく

労働者死傷病報告の提出は、派遣先の事業者のみが行えば足りる。

    

       

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 

安衛法10-8-B [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】

 

建設業に属する事業の仕事のうち、高さが300メートル以上

の塔の建設の仕事を開始しようとする事業者は、その計画を

当該仕事の開始の日の14日前までに、厚生労働大臣に届け出

なければならない。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

安衛法21-9-A [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】

 

事業者は、休憩時間を除き1週間当たり40時間を超えて労働させた

場合におけるその超えた時間が1月当たり100時間を超え、かつ、

疲労の蓄積が認められる労働者に対しては、本人の申出の有無に

かかわらず、面接指導を実施しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

安衛法17-10-E [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】

 

労働安全衛生法第66条の2の深夜業に従事する労働者から、同条

の自ら受けた健康診断の結果を証明する書面の提出を受けた事業者

は、当該健康診断の結果に基づき、健康診断個人票を作成し、これ

を5年間保存しなければならない。

                 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

安衛法19-10-E [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】

 

事業者は、労働者を本邦外の地域に6か月以上派遣しようとする

とき又は本邦外の地域に6か月以上派遣した労働者を本邦の地域

内における業務に就かせるとき(一時的に就かせるときを除く)

は、当該労働者に対し、所定の項目のうち医師又は歯科医師が必要

であると認める項目について、医師又は歯科医師による健康診断を

行わなければならない。

                 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

安衛法19-10-E [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】

 

事業者は、労働者を本邦外の地域に6か月以上派遣しようとする

とき又は本邦外の地域に6か月以上派遣した労働者を本邦の地域

内における業務に就かせるとき(一時的に就かせるときを除く)

は、当該労働者に対し、所定の項目のうち医師又は歯科医師が必要

であると認める項目について、医師又は歯科医師による健康診断を

行わなければならない。

                 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

安衛法21-10-D [労働安全衛生法]

 

【 問 題 】    

       

各種商品卸売業及び各種商品小売業の事業者が、当該事業場の

倉庫内で、労働者を最大荷重が1トン以上のフォークリフトの

運転の業務に就かせる場合については、労働安全衛生法第61

第1項に定める就業制限の適用は除外される。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

安衛法22-10-E [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】    

       

運送業の事業者は、新たに職務に就く職長に対して、作業方法

の決定及び労働者の配置に関すること、労働者に対する指導又は

監督の方法に関すること等について安全衛生教育を行わなければ

ならない。

  

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

安衛法22-10-A [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】

 

事業者は、労働者を雇い入れたときは、労働安全衛生規則に定める

事項について安全衛生教育を行わなければならないが、業種が燃料

小売業である場合は、雇い入れた労働者すべてを対象として、1)

機械等、原材料等の危険性又は有害性及びこれらの取扱い方法に

関すること、2)安全装置、有害物抑制装置又は保護具の性能及び

これらの取扱い方法に関すること、3)作業手順に関すること、

4)作業開始時の点検に関することについては安全衛生教育を省略

することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

安衛法22-8-D [労働安全衛生法]

 

 

【 問 題 】

 

造船業に属する事業の元方事業者は、その労働者及び関係請負人

の労働者の作業が同一の場所において行われることによって生ずる

労働災害を防止するため、協議組織の設置及び運営を行うこと、

作業場所を巡視すること、関係請負人が行う労働者の安全又は衛生

のための教育に対する指導及び援助を行うこと等に関する必要な措置

を講じなければならない。

                

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(0) 
前の10件 | - 労働安全衛生法 ブログトップ