So-net無料ブログ作成

国年法20-1-C [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

いわゆる20歳前の障害に基づく障害基礎年金は、受給権者の前年

の所得が一定の額を超えるときは、原則として、その年の8月から

翌年の7月まで、政令で定めるところにより、その全部又は2分の

1(子の加算額が加算された障害基礎年金にあっては、その額から

子の加算額を控除した額の2分の1)に相当する部分の支給が停止

される。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 解 答 】 正しい。


【 解 説 】

 

20歳前の傷病による障害に基づく障害基礎年金は、受給権者の前年の

所得に応じて、支給停止されます。

この場合、支給停止される額は、その全部又は2分の1とされています。


nice!(0) 

nice! 0