So-net無料ブログ作成

国年法19-2-B[改題] [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

障害基礎年金の受給権者が行う改定請求は、障害基礎年金の

受給権者の障害の程度が増進したことが明らかである場合

として厚生労働省令で定める場合を除き、受給権を取得した

日又は厚生労働大臣が障害の程度を診査した日から起算して

1年を経過した日から行うことができる。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 解 答 】 誤り。


【 解 説 】

 

設問の改定請求は、「1年を経過した日後」でなければ行うことが

できません。

なお、受給権者の障害の程度が増進したことが明らかである場合

として厚生労働省令で定める場合には、1年を経過する前であっ

ても、改定請求を行うことができます。


nice!(0) 

nice! 0