So-net無料ブログ作成
検索選択

国年法18-10-B [国民年金法]

 

 

【 問 題 】    

       

既に障害の状態にある者が、新たに発生した傷病(「基準傷病」

という)に係る障害認定日から65歳に達する日の前日までの間に、

基準傷病による障害と基準傷病の初診日以前に初診のある他の

障害とを併合して、初めて障害の程度が2級以上に該当した場合

には、基準傷病の初診日の前日において保険料納付等の要件を

満たしていることを条件として、障害基礎年金が支給される。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

【 解 答 】 正しい。


【 解 説 】

 

「基準障害による障害基礎年金」に関する記述です。

基準障害による障害基礎年金は、65歳に達する日の前日までの間に、

基準傷病による障害と他の障害とを併合して初めて障害の程度が

2級以上に該当した場合に支給されます。


nice!(0) 

nice! 0