So-net無料ブログ作成
検索選択

国年法21-4-A [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

遺族基礎年金の受給権者が65歳に達し、さらに老齢基礎年金と

付加年金の受給権を取得したときは、その者の選択により遺族

基礎年金か老齢基礎年金のいずれか一方が支給されるが、遺族

基礎年金を選択した場合も付加年金が併せて支給される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【 解 答 】 誤り。


【 解 説 】

 

遺族基礎年金と付加年金とは併給することはできません。

設問の場合は、「老齢基礎年金+付加年金」と「遺族基礎年金」の

どちらかを選択して受給することになります。


nice!(0) 

nice! 0