So-net無料ブログ作成
検索選択

徴収法<労災>18-9-A [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

事業主が同一人である場合には、業種が異なる二以上の部門が

場所的に分かれて独立した運営が行われていても、常時使用

される労働者の数が最も多い部門の業種に応ずる労災保険率が

適用される。

    

       

 

 

 

  

 

 

【 解 答 】 誤り。

【 解 説 】

事業主が同一人であっても、場所的に独立して行われている事業

であれば、それぞれの部門の事業の種類に応じた労災保険率が

適用されます。


nice!(0) 

nice! 0