So-net無料ブログ作成

徴収法<労災>18-8-D [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】    

       

建設の事業又は立木の伐採の事業が数次の請負によって行われる

場合には、徴収法の規定の適用については、それらの事業が一の

事業とみなされ、元請負人のみが当該事業の事業主となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 解 答 】 誤り。

【 解 説 】

請負事業の一括の対象となる事業に「立木の伐採の事業」は

含まれません。

数次の請負による「建設の事業」だけが対象とされています。


nice!(0) 

nice! 0