So-net無料ブログ作成

徴収法<雇保>20-8-D [労働保険徴収法]

 

【 問 題 】    

       

労働保険徴収法第7条の規定により一の事業とみなされる有期事業

についての事業主は、それぞれの事業を開始したときは、その開始

の日の属する月の翌月末日までに、一括有期事業開始届を提出しな

ければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 解 答 】 誤り。

【 解 説 】

一括有期事業についての事業主は、一括の対象となる有期事業を開始

したときは、各月ごとに、報告をしなければなりません。

そのために提出するのが一括有期事業開始届であり、その提出期限は、

その開始の日の属する月の「翌月10日」までです。

「翌月末日」ではありません。


nice!(0) 

nice! 0