So-net無料ブログ作成
検索選択

徴収法<雇保>19-9-D [労働保険徴収法]

 

 

【 問 題 】

 

労働保険徴収法における「賃金」は、通貨で支払われるもののみ

に限られず、食事、被服及び住居の利益のほか、所轄労働基準

監督署長又は所轄公共職業安定所長の定めるものも含むものとされ

ている。

    

       

 

 

 

  

 

 

【 解 答 】 正しい。

【 解 説 】

賃金は通貨で支払うものには限定されません。通貨以外のもので

支払われるものも含まれる。なお、賃金に算入すべき通貨以外の

もので支払われる賃金の範囲は、食事、被服及び住居の利益のほか、

所轄労働基準監督署長又は所轄公共職業安定所長の定めるところに

よります。


nice!(1) 

nice! 1