So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

国年法22-2-B [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

厚生労働大臣は、国民年金制度に対する国民の理解を増進させ、

その信頼を向上させるため、厚生労働省令で定めるところにより、

被保険者及び受給権者に対し、被保険者の保険料納付の実績及び

将来の給付に関する必要な情報を分かりやすい形で通知するもの

とする。

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法20-9-A [国民年金法]

 

 

【 問 題 】    

       

第2号被保険者が退職し第1号被保険者になったときは、当該

事実があった日から14日以内に、資格取得届を市町村長に提出

しなければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法22-8-B [国民年金法]

 

【 問 題 】    

       

被保険者の種別ごとに被保険者期間を計算する場合には、被保険者

の種別に変更があった月は、変更後の種別の被保険者であった月と

みなし、同月中に2回以上の種別変更があったときは、その月は

最後の種別の被保険者であった月とみなす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(1) 

国年法23-2-E [国民年金法]

 

 

【 問 題 】    

       

65歳以上70歳未満の任意加入被保険者は、寡婦年金、死亡一時金、

脱退一時金等の給付に関する規定の適用については、第1号被保険者

とみなされる。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法22-7-C [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

日本国内に住所を有しない20歳以上65歳未満の在外邦人で

任意加入している者が保険料を滞納したとき、保険料を納付

することなく2年経過した日に被保険者資格を喪失する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法20-8-D [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

厚生年金保険の被保険者が19歳であって、その被扶養配偶者が

18歳である場合は、当該被保険者が20歳に達したときにその

被扶養配偶者は第3号被保険者の資格を取得する。

                

 

 

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(1) 

国年法22-5-B[改題] [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の者で、第2号

被保険者及び第3号被保険者のいずれにも該当しない外国人は、

厚生年金保険法に基づく老齢給付等を受けることができない場合、

原則として第1号被保険者となる。

    

       

 

 

 

  

 

 

続きを読む


nice!(1) 

国年法21-10-C [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

国民年金法において、「保険料全額免除期間」とは、第1号

被保険者としての被保険者期間であって、法定免除又は保険料

の全額申請免除の規定により免除された保険料に係るものの

うち、保険料追納の規定により保険料を追納した期間を除いた

ものを合算した期間のみをいう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法19-5-E [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

政府は、国民年金事業の財政が、財政均衡期間の終了時に給付の

支給に支障が生じないようにするため必要な積立金を保有しつつ、

当該財政均衡期間にわたってその均衡を保つことができないと

見込まれる場合には、年金たる給付(付加年金を含む)の額を

調整するものとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 

国年法22-6-B [国民年金法]

 

 

【 問 題 】

 

障害基礎年金に係る裁定請求の受理及びその請求に係る事実に

ついての審査に関する事務は、共済組合員または私立学校教

職員共済制度の加入者であった間に初診日がある者等も含めて、

日本年金機構が行う。

                 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0) 
前の10件 | -